資格取得に有利

カウンセリング

いろいろな特徴が

言語聴覚士は、あらゆる年代の人を対象にして仕事を行っています。聞いたり話したりする訓練ばかりではなく、高度な機器を使用して聴力検査を行ったり、食べることの障害にもかかわっている職業になります。言語聴覚士の資格を取るためには、高校を卒業して厚生労働省が指定する言語聴覚士の養成学校で、3年以上学習する方法があります。また、言語聴覚士の養成課程を持っている4年制大学で学習することも可能です。更には一般の大学を卒業して養成学校で2年以上学習するかという道など様々なものがあるのです。これらの言語聴覚士の養成学校を卒業すれば、言語聴覚士の国家試験を受ける受験資格ができます。ですからこの資格を取りたいと思う人は、これらの養成学校で学ばなければ、受験資格を得ることができません。日本には言語聴覚士を養成する学校が数多くありますが、学校自体でそれぞれ異なった特徴を持っています。入学試験にしても定員の半数が出身高校の推薦だったり、社会人の枠を設けている学校や、大学になると一次試験が大学入試センター試験だったりする養成学校もあります。このように各学校によりいろいろな特徴がありますので、いろいろなところの学校案内を取り寄せてみてみるとよいでしょう。そして、選抜の方法や入学試験の方法、入学した後の授業料など幅広く検討してみたほうが、無難になります。その中で自分に合ったところを探し出すようにしてください。推薦入学と社会人枠で入学しようと考えている人は、センター試験が免除されている所もあります。