地元のニーズに応える仕事

婦人

地元で学び地元で働く

新潟も社会福祉士の採用を盛んに行っており、新卒採用にも積極的な側面があります。新潟にお住まいの方が社会福祉士の資格を取得する学校も、大学や専門学校など様々な選択肢があります。ただし、夜間キャンパスはほかの地域と比較して少ない傾向があるので、社会人が資格取得のために勉強するなら、通信教育などの方法を選ぶことが推奨されます。独学ではわからない試験の傾向や対策、経験者にしか教えてもらえない現場で必要なことも、通信教育なら円滑に学習できるカリキュラムがあります。専門の講師がテキストや問題集を作成し、試験対策となる模擬試験も実施しています。内容は申し込む講座によって異なるので、十分な確認が必要でしょう。もちろん社会福祉士の勉強を新潟の昼間キャンパスに通って学ぶのも良い方法です。日中の通学は、時間数も多く取れますし、学生同士の情報交換の機会が多いのもメリットでしょう。新潟の方が地元で学び、地元で社会福祉士として働く方法は、選択肢が豊富になりました。自分自身の現在の生活スタイルや状況、社会福祉士になるために用意できる時間と予算を考慮したうえで、選択すると間違いがないでしょう。今後も継続する高齢社会への適応力を高めることができます。さらに、様々な障害に悩む方の強力なサポートもできる頼れる存在として、需要のある人材を目指すことにも繋がります。将来性のある社会福祉士の勉強をする場所を、新潟で見つけるのは容易なことでしょう。